算命学は古代東洋の哲学です。
「算命学」と言う名の学問の技術的な部分を占いとして活用しています。

 

算命学は古代中国に於いて、一子相伝、口伝により伝えられてきました。

中国では算命学が政治に利用されるようになり、最後の継承者は命の危険にさらされ、文化大革命時に日本に亡命し長崎に辿り着きました。

そこで1人の少年に出会います。その少年は教えもしない中国語を理解したと言われ、算命学の継承者となりました。

算命学は日本に於いて、このたった一人の天才少年から広く伝わる事になったのです。

 

ここまでの文章を読みますと、算命学が大変難しく難解な学問のように感じるかもしれませんが、算命学の理論は私達日本人の生活にとても馴染み深く、わかりやすい学問なのです。

そしてそのわかりやすさが、そのまま鑑定結果のわかりやすさに繋がっています。

鑑定結果が素直に心に浸透してくるのは、算命学の理論体系そのものを私達日本人の根底に持っているからなのです。

 

また算命学の鑑定の的中率の高さは目を見張るものがあります。

それは「 世の占い師が最後に辿り着くのが算命学」と言われているその言葉で証明されているでしょう。

占い界では算命学は別格扱いをされているのです。

現に私が鑑定していても「どうしてそんなに細かい事までわかるのですか」と驚かれます。

とはいえ、算命学は単に当てる事が目的の占いではありません。

一般論や固定概念、普通ならこうするという常識的価値観から離れて、

善悪の判断をせず、たった一人の自分だけの「幸せ」「魂の喜び」を見つけるために役立てるのが算命学です。

 

あなたも最高のタイミングで算命学と出会う日がきますように…